VAPEをポケットに入れる時に電源は切ってる?そのまま突っ込んでいる人は危険なので注意!

お気に入りのVAPEを持ち出す時、すぐに取り出せるようにポケットに入れたりしていませんか?
ポケットに入れている間にスイッチが押されてしまったら大変なことになってしまうかもしれません。


ポケットに入れる時はロックか電源をオフにしよう

出典: exblog.jp

ポケットやバッグの中にMODを突っ込んでいると、知らぬ間にファイアスイッチが押されてしまっていたり、出力が上がってしまっていたりなど事故の原因になります。
多少面倒であってもロック機能を使ってロックするか電源をオフにしてからしまうようにしましょう。

ロックや電源OFFにするにはMODにより方法が異なりますが、大抵は電源ボタンを3回もしくは5回連続で押すことによりロックモードか電源オフにできます。

デルリン素材でも油断は厳禁!

90℃以上の温度に耐える耐熱素材のデルリン素材で作られたドリップチップであっても、ポケットの中で電源が勝手に入り続けていたら簡単に溶けてしまいます。
耐熱素材だから大丈夫なんて思っていたら大切なドリップチップも使えなくなってしまうかもしれません。

取り返しの付かない事故になる前に

日本よりVAPEが広く普及している海外ではバッテリー・MODの取り扱いを誤り、取り返しの付かない大事故も発生しています。
急速に普及し、今では簡単に入手できるようになってきたVAPEですが、使い方を誤ったり一瞬の油断をすることで大きな怪我を負ってしまうなど、大変な事故にもなりかねません。
安全にVAPEを楽しむためにも、しっかりロック機能を活用したり、電源をオフにするなどをこまめに行っていきましょう。