Vaptioの新型S150はコイルにチップを埋め込んだユニークVAPE。デュアルバッテリーでハイパワーも安心♪

Vaptioから爆煙スターターキットとして新製品が登場しました。
Notch Coilなどの新しいコイルが登場してくる中、コイルにチップを埋め込んでみたS150をご紹介♪

PR 提供:Heaven Gifts


Vaptio S150

出典: at-vape.com

Vaptioは2014年にアメリカのシアトルで設立されたメーカーで、生産を中国で行うことで安価な製品を生み出しています。
今回発表されたS150はプリメイドの交換式コイルに温度管理に対応したチップを埋め込んだというユニークな製品です。
最近のトレンドに合わせて温度管理も複数種類に対応しており、デュアルバッテリーで150Wまで対応しているということを考えると、爆煙ユーザーには本体だけでも需要が生まれそうです。

ロゴカラーに合わせたブラック✕レッドがカッコいい

シルバーとブラックの2色展開で発売されるS150ですが、メーカーのロゴデザインに合わせて作られたブラック✕レッドのカラーがカッコよく、デュアルバッテリーにも関わらず大きさや重さを感じさせないデザインもグッドです。
比較的安価なデュアルバッテリーの温度管理MODではiStick TC100Wなどがありましたが、「もう少し出力を上げたい!」「デザインはこっちの方が好き!」という人には良い選択肢になるかもしれません。
新開発のATCコイルがどう評価されていくはまだまだ未知数ですが、スターターキットとして比較的安価に入手できることもあり、新しいモノ好きのガジェットマニアは目が離せなくなりそうですね♪

※クーポンコード「AHGEVAPE」で、さらに8%オフになります。