In’Axで有名なATHEA Modsの最新RTA「In’Sane RTA」は見たこともない新構造!これは神RTA間違いなしッ!

次々に各メーカーから新作アトマイザーがリリースされますが、やはり有名ドコロはしっかり抑えておきたいもの。
そんなことを思っていたらATHEA Modsが面白い新構造を打ち出してきました。


In'Sane RTA by ATHEA Mods

ATHEA Modsの新作RTAはなんだかヤバそうな雰囲気がします!
In'Axシリーズで有名なATHEA Modsは先日リリースされたIn'Ax MkIIIでも流石のクオリティを世界に見せつけました。
そんな矢先に現れた新構造のRTAがIn'Sane RTAです。
一見シンプルな外観でドリッパーのような構造に見えますが、このIn'Sane RTAは中身が凄いんです!

2ポールでシングルコイル前提のデッキはボトムフロー構造で味重視で作られたことをひしひしと感じさせてくれます。
フレーバーチェイサー向けの味重視構造を一通り抑えた構造だけかと思いきや、カラフルな謎パーツがいくつか…。

最近小型RTAがブームになる中で、RTAなのにドリッパーの味わいを愉しめるRDTAなるものが各社からリリースされてきました。
In'Sane RTAもまさにそのRDTAにカテゴリ分けされるような独特の構造を持ち、運用をしっかり考えたドリッパーの完成形のような新構造RTAとして仕上がっています。
この構造の何が凄いかというと、味重視RDAの構造を持ちながらタンク部分でミストを貯めこむチャンバー内を狭くし、漏れにも強くリキッド供給も全く心配が要らないというところです。

In'Sane RTAの22mmアトマイザーでは1.5mlのタンク容量とのことで、味重視運用する分にはちょうど良い容量。
早くも世界中で大ヒットを約束されたようなIn'Sane RTAは国内でも争奪戦になりそうな予感ですッ!