まったりコーヒーが大好きなワコンダー諸君へ。暑い夏でも美味しいWakondaの吸い方をご紹介

温かいミストを口いっぱいに広げて吸うワコンダ、美味しいですよね…。
海外でコーヒー部門にて高評価を得るなど、世界中にファンがいる珍しいリキッドのWakonda。
そんなWakondaを暑い夏でも美味しく吸える方法をご紹介します。


夏でも美味しいワコンダの吸い方はコレだ!

美味しいバニラコーヒーリキッドに長らくトップで君臨しているWakonda(ワコンダ)。
愛好家はワコンダーとも呼ばれ、年中飽きずに吸い続けています。

ワコンダは味重視のアトマイザーでゆっくり構えて吸うと、口いっぱいにコーヒーの香りが広がって至福の時間が訪れます。
ただこのワコンダ、ちょっと甘ったるく感じてしまう時もあります。
冬は本当に美味しいけれど、夏にはフルーツ系やメンソール系リキッドが美味しく感じてしまう…でもワコンダが吸いたい…、そんな時にオススメの方法をご紹介します。

メンソールリキッドで割ってみよう!

ワコンダは意外にもメンソールリキッドとの相性が良いです。
少し添加する程度からワコンダ8:メンソール2の割合で入れるくらいがオススメですが、お好みに応じて調整で大丈夫です。
使用するメンソールリキッドはhaloのSUB-ZEROでも大丈夫ですが少し甘みがあるため、RastavaporsのTropwenの方がうまくマッチしそうです。

最初は「コーヒーにメンソール?」と不安になるかもしれませんが、これが不思議なことにクセになる感じです。
暑い夏でもまるでアイスコーヒーのようにサッパリ味わうワコンダを楽しんでみてはいかがでしょうか?