簡単にコイル交換ができるドリッパーのWANKO RDA。手軽な価格でドリッパー入門にもオススメできそう

ドリッパーと聞くとコイルを自分で巻いて作業しないと交換できないというイメージがあるかもしれません。
しかし最近は既に巻かれているプリメイドコイルも沢山出てきており、ドリッパーの敷居が下がってきています。
そんな中、更に簡単にコイル交換ができる、WAVEコイルシステムを搭載した小型ドリッパーが登場しました。


WANKO RDA

WANKO RDAは安価で美味しいと評判のHobbit RDAで有名なFOCUSECIGの新作です。

WAVEコイルシステムという新しい設計がされており、専用のWAVEコイルをカートリッジのようにカチッと挿し込むだけでコイル交換が可能です。

「少しでもドリッパーの敷居を下げたい!」というメーカー努力から産まれた設計のように感じますが、このWANKO RDA、なんと自分で巻いたコイルも使えるようになっています。
最初は簡単にWAVEコイルを使いつつ、徐々に自分でコイルを巻くことに興味を持ってもらい、いつの間にか立派なリビルダブルデビューをしていた…、なんてことを想定した素敵な製品というわけです。

入門にも使えるRDAということで、価格もお手頃な安心プライス。
今までRDAが気になっていたけれど敷居が高くて使えなかったという人は試してみるのも良いかもしれませんね。