誰でも手軽に美味しい爆煙を楽しめるGeekVapeのEagle Tank。ゴツいもの好きならコレは買いだ!

中国の新興メーカーながら、既に数々のヒット作を生み出しているGeekVape。
期待の新作は「誰でも」「簡単に」美味しい爆煙が楽しめる凄いアトマイザー!
一体どのような構造なのか、ご紹介します。

PR 提供:Heaven Gifts


プリメイドコイルで楽しめるEagle Tank

「正直コレ、凄いよね…。」
そんな会話が@vape編集部でありました。

彗星のように現れ、廉価ながらも美味しいアトマイザーを連発してきた新興メーカーGeekVape。
新作のEagle Tankは誰でも簡単に美味しい爆煙を楽しめるタンク式のアトマイザー。
そんな簡単にできるのか、中の構造をご紹介します。

クラプトンコイルがビルドされている!

出典: at-vape.com

コイルの表面積を増やすことでミストを増大させるクラプトンコイル。
そんな特殊なコイルにご丁寧にコットンまで通した状態で本体に付属しています。
そう、Eagle Tankはプリメイドコイルを交換して使えるアトマイザーなのです。

通常プリメイドコイルはメーカーごとに設計された交換式用の構造になっています。
Eagle Tankの交換用コイルは、本来自分でワイヤーを巻いたりコットンをセットするリビルダブルという作業をする必要があるものを、メーカーが手作業で事前にセットしてくれているのです!
この手作業で生み出したコイルは本格的な味や煙を楽しめるのが特徴で、Eagle Tankならそれを手作業なしに簡単にセットできてしまうのです。

プリメイドコイルには色々な種類があります

出典: at-vape.com

交換用のプリメイドコイルは味重視で作られたものや爆煙重視で作られたものなど、とても沢山のバリエーションがあります。
まずは本体付属のコイルをセットして味わってみると、きっと上級者のVAPERも驚くに違いありません。
廉価アトマイザーなのに、しっかりとリキッドを「美味しい」と感じられる設計になっています。

自分でリビルダブルができる人はコットンを詰め替えれば再利用も可能なところもポイントです。
自分ではなかなか用意できないクラプトンコイルを快適に運用出来ちゃいますよ。

Japan Vape TVでも絶賛!

素直に美味しいと感じてしまい、驚かれてます。
動画でも紹介されていますが、横幅が25mmと結構大きめなので26650バッテリーを使用するようなゴツいMODに合わせるのが良さそうです。

※クーポンコード「AHGEVAPE」で、さらに8%オフになります。