VAPE買うならネット?実店舗?それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました!

色んなリキッドが欲しい。色んなMOD、アトマが欲しい。
お金に余裕があれば、ついつい買ってしまうのがVAPER界隈の悩みですよね。
さて、貴方はVAPEを普段どこで買っていますか?


買うならネット?ショップ?それぞれのメリット・デメリットまとめ

ネットショップ

メリット

ネットでVAPE関連のものを買う最大のメリットは、無店舗販売ならでは価格の安さとgoogle検索でダイレクトに商品名を入れてしまえば、一発で欲しいものを売っているショップに辿り着く、というところにあります。

また、メルカリなどのフリマや中古関連を取り扱うショップに行けば、それらはもっと安く手に入ることでしょう。

デメリット

デメリットとしては、やはり誰のアドバイスも得られないことが多い為、ある程度知識が必要な点が挙げられます。
また、実際のものが見られないため、コレが家に来る、ということを想定することができないというのも不安材料?

また海外のネットショップを使うとなってくるとある程度英語力が必要だったり、そもそも海外輸入が怖いという人には基本的にオススメできません。

そういう意味では、絶対にどこで買っても同じなワイヤーなどの効果が明確なものに限った利用のほうが良いですね。

ショップ(実店舗)

メリット

実店舗を利用するメリットは、何しろ実際のアイテムを目の前にして選べるというところにあります。
また、ショップ側も売れるだろうというものしか置いていない場合が多いので、厳選されたラインナップから手軽に良質なものを入手できるかと思います。

また、どれを購入したら良いのか迷うと、アドバイスや試飲などでサポートしてくれるのもありがたいですね。質問すれば明確な答えが返ってくることが多いので、気になっていることをその場で全部解決できちゃうのが、実店舗最大の魅力ですね。

デメリット

明確に欲しいものが決まっている場合、実店舗においてあるかどうかと言うのは難しいところです。
特に欲しいものがマイナーになればなるほど、小さいショップなどでは取り扱っていない場合が多いです。
この辺はマイナータバコと同じ香りを感じますね…。

また、値段が定価であることが多いため、購入時どうしても金額がかさんでしまう恐れがあります。
特に初心者の方などは、万単位で取引されているMODなどを見てしまうとちょっとビビってしまう場合が多いです。

まとめ

いずれの場合でもメリット、デメリットは表裏一体のようです。
慣れた人が一通り揃えるのであればネット、まだ知識の足りない人は実店舗と言った感じでしょうか。

自分にあったスタイルで、VAPEを楽しんでくださいね~。