バッテリーはどこを見るべき?バッテリーの選び方を伝授!

新しいMODが届いたけどバッテリーが付いていない!
メカニカルMODを買ったけど今のバッテリーだとミストが物足りない…。
新しくバッテリーを買う時は、電池のスペックに注目してみよう。


まずはサイズを選ぼう

VAPEのバッテリーを買う時は、MODのサイズによって購入するサイズを選ばなくてはいけません。
つまめるサイズの小さいMODに、大きいサイズのバッテリーは入りませんからね。

そこで参考になるのが、MODのスペック表示に記載されているバッテリーの規格です。
18650、18350などと書かれているものがサイズの表示になりますが、5桁で捉えるのではなく前半と後半で捉える必要があります。

手前2桁→バッテリーの太さ(mm表記)
後ろ3桁→バッテリーの長さ(mm表記)

となっていますので、万が一電池に表記が無い場合は参考にしてみてください。
(そんな怖いバッテリーを使用するのは控えたほうが正解ですが)

AとVの表記に注目しよう

中学の理科のおさらいになりますが、電池には最低でも2つ表記されている事があります。
それがA(アンペア、電流)とV(ボルト、電圧)です。

アンペアはそのままバッテリーの容量を指します。これが多ければそれだけ電池が長持ちすることを指します。
ボルトは電圧なので、どれだけ電流を送り込む力があるか、などを指します。

特にボルトはメカニカルMODにおいてはそのままメカニカルMODのスペックにも関わってくるため、注意して選ぶ必要があります。具体的にはコイルの立ち上がりなどに影響してくるため、味重視なのか煙重視なのかなどでも考える必要がありそうです。
テクニカルが無関係というわけでもなく、そのバッテリーのスペック外の設定でvapingするのは非常に危険です。バッテリーの寿命を縮めたり、爆発したりする恐れもあるため、やめておきましょう。

実際に手にとって確認しよう

非常に危険なのが、バッテリーの表皮が剥がれ、鉄面が露出することです。
これはMODがショートし故障や爆発の恐れが出てくるため、なるべくなら実物を手にとって、安全性を確認してからの使用を推奨されています。

いくらネットショップで新品を謳っていても、不良品だったりすると困るため、できればこれに関しては実店舗で購入するのがいいでしょう。


というわけで、諸々書いてきましたが、まとめると
・サイズをしっかり見よう
・スペックは最低限AとVに注目
・できれば実物を確認しよう
ということになります。

それでは良きVAPEライフを~

バッテリーに関する注意喚起動画