小さくてもこんなに重要!ドリップチップにこだわってみよう

VAPEを構成するものといえばMOD、アトマイザー、バッテリー、そしてドリップチップ。
この小さなドリップチップが味を大きく左右するって知ってましたか?


ドリップチップを変えると味が変わる!

形や素材、色まで様々な種類があるドリップチップ。熱くならない素材のものや、金属だけどヒートシンク付きのものなどバリエーションはとっても豊富です。

ドリップチップの内径の太さ、長さが味のポイント

内径が細いほど味が濃くなり、ドローが重くなります

吸った時にどれだけ空気が吸えるかをドローが重い、低いと表現します。ドローが軽いほど気軽に吸えますが、その分空気が入ってくるので味が薄くなってしまいがちです。フレーバーを重視したい方はドローは少し重めのものを選ぶと良いでしょう。

とっても味が出そうな内径が細いドリップチップ

出典: fc2.com

これだけ内径が細ければ味がとても濃く感じられます。ただし、ドローが重すぎると吸うのが大変に感じてしまう場合もありますので、その時の気分やリキッドに合わせて変えていくのが良いでしょう。

世界に一つだけのハンドメイド品も

スタビライズドウッドやレジンで作られたハイクオリティな一品

ハンドメイドのため一点モノになるドリップチップも存在します。同じ柄は存在しないため、自分のMODに合ったカラーを見つけたら絶対に入手したいですね。

国産のドリップチップメーカーもあるんです

まるで宝石のようなGramドリップチップ

出典: shop-pro.jp

日本のこだわりを小さなドリップチップにしっかりと込めた国産メーカーも存在するんです。まるで宝石のような色とりどりのドリップチップは観賞用としても集めたくなる素敵なデザインです。

味を求めたドリップチップも大事ですが、自分のMODに合うデザインのドリップチップだとまとまりが良くなります。
まずは色々な形状を試して吸いごたえの変化を楽しみ、好みの形状がわかってきたらデザインを合わせていくと良いでしょう。
お気に入りのドリップチップ、見つけてみてくださいね。