焦げない、美味しい!温度管理機能ってどういう仕組み?

DNA40チップから搭載され始めた温度管理機能。
今や多くのテクニカルMODに搭載されている機能ですが、一体どのような機能なのでしょうか?


温度管理機能ってなに?

出典: postimg.org

温度計も使わずに温度管理ができる仕組みのヒミツはコイルの抵抗値にあります。
コイルは加熱されることで抵抗値が変動していくという特性があります。
それをうまく利用し、加熱時のコイル抵抗値の変動具合を基盤で監視して、温度を擬似的に計測しています。
そのため、温度管理機能を使用するには対応する素材のワイヤーを用いてコイルを作成する必要が出てきます。

温度計がないのにどうやって計測しているの?

温度計も使わずに温度管理ができる仕組みのヒミツはコイルの抵抗値にあります。
コイルは加熱されることで抵抗値が変動していくという特性があります。
それをうまく利用し、加熱時のコイル抵抗値の変動具合を基盤で監視して、温度を擬似的に計測しています。

温度管理専用のワイヤーでビルドしよう!

通常使用することの多いカンタルワイヤーの場合、コイルを加熱した時のコイル抵抗値の変動幅が少ないため温度管理機能がうまく機能しません。
そのため、温度管理機能を使用するには対応する素材のワイヤーを用いてコイルを作成する必要が出てきます。
主に使用されるワイヤーはニッケル、チタン、ステンレスのワイヤーです。
各ワイヤーにはそれぞれ特性があり、ビルド方法も異なりますので初めての場合は注意が必要です。

もうドライヒットで苦しまない!

出典: gstatic.com

温度管理機能の最大の特徴はドライヒットで苦しまなくなるというところです。
味が安定したりコットンなどのウィックが焦げにくくなるなどのメリットも勿論ですが、やはり苦しいドライヒットを抑えられるのが大きいです。

温度管理機能を使いこなして快適なVapingを楽しみたいですね♪