市販電池とは違うんです。VAPEのバッテリーサイズってどんな種類があるの?

バッテリーMODを購入したら必ず必要になるVAPE用のバッテリー。
いくつもサイズがありますが、どんな種類があるかご存知でしたか?


よく使われるサイズは4種類

一番主流のサイズは18650

単三電池を少し大きくしたようなサイズの18650バッテリー。一番使われているサイズで、MODの中には二本や三本挿すことができるものもあります。

容量の大きい26650

単一電池のような太さのあるバッテリーで容量が大きいのが特徴です。爆煙目的などで高出力で運用する場合はどうしても電池消費が激しくなります。そんな時でも大容量で安心の26650バッテリーは多くの爆煙VAPERの強い味方になっています。

メカニカルMODで使いやすい18500(18490)

出典: shopify.com

サイズは18650より小さめですが、極小サイズではないため18500専用の本体というのはあまり存在していません。ただ、複数サイズのバッテリーに対応している本体の場合はちょうど良い大きさに抑えつつ、それなりの容量を持たせることができます。メカニカルMODのチューブタイプで用いられることが多いです。

一番小さい18350

極小サイズのMODなどで用いられる18350はなんといってもその小ささが魅力です。バッテリー容量はサイズとトレードオフですが、それでも小さなMODには欠かせないため、とても人気があります。

並べてみるとサイズの違いがよくわかります

左から26650、18650,18500,18350

出典: shopify.com

大きいバッテリーの方が重量もありますので、本体を軽くしたい時は小さいバッテリー、高出力で長持ちさせたい時は大きいバッテリーといった具合に使い分けることが大事です。

実はこの他にも26500、18240、16500、14500など異なるサイズのバッテリーも存在しています。
しかし現行のVAPEに使用されるバッテリーのほとんどが、今回ご紹介した4種類のバッテリーです。
それぞれのバッテリーが自分の使い方でどれくらい持つのかなどを試してみて、メインで使うサイズのバッテリーを決めていくのがいいですね。