タバコへの依存を断ち切れるか。本当にVAPEで禁煙できるの?

禁煙目的でタバコからの移行も多いVAPE。
果たして本当に禁煙できるのでしょうか…?


無理な禁煙は禁物。少しずつVAPEに移行していこう

VAPEで禁煙できる?

日本国内で扱われるVAPEのリキッドは、薬事法で禁止されているためニコチンが一切含まれていません。そのため、タバコ依存の症状である喫煙欲求をを緩和することができますが、ニコチン依存のため完全な代替にはできません。しかし何かを咥えたい、吸いたいといった口元の寂しさを紛らわせたりなど、一定の効果はあると言われています。海外ではニコチン入りのリキッドも販売されていますが、国内に持ち込むのは法律や健康のトラブルに発展する可能性もあるので控えましょう。

徐々にVAPEに移行していくことも大事です

「タバコを絶対に吸わない!」と急に我慢を始めてしまう人は失敗してしまうことが多いです。VAPEを生活に取り入れ、徐々に生活の中でタバコとVAPEの比率をVAPEが多くなるようにしていくことで、ストレスなく自然に禁煙をすることができます。VAPEに完全移行が成功した多くの喫煙者の体験談によると、不思議なことにあれだけ美味しいと吸っていたタバコが段々不味く感じてくるようになるそうです。

禁煙はダイエットと同じようなもので、無理に頑張るよりは少しずつ生活を改善していくというやり方の方が成功しやすいです。
VAPEをタバコを我慢するための道具として捉えるのではなく、美味しいリキッドを探してみたり、デザインが好みの本体を愛用してみたりするなどしてVAPEを好きになることで、タバコよりもVAPEの方が良いと感じた時には禁煙もラクにできるようになっているでしょう。

以前のVAPEはタバコと比較して吸いごたえが足りないと言われることもありましたが、もう昔の話です。
今は初心者向けのスターターキットでさえ味と煙が濃く出て吸いごたえを感じさせてくれるものが揃っています。
海外では既にタバコの代替としてカルチャー化しているVAPE。
あなたもVAPEで禁煙に挑戦してみませんか?