メカニカルMODを電子制御?これがあればメカも安心だ!

カッコいいデザインが沢山あるメカニカルMOD。
あとはワット数の調整ができれば…と思ったことはありませんか?
実はメカニカルMODでもワット調節を可能にしたアイテムがあるんです。


チューブMODでも簡単にワット調整!

The KICK by EVOLV

出典: fc2.com

好みのデザインがあったけどメカニカルMODだった…なんてことありませんか?抵抗値の計算が難しかったり扱いが不安だったりでなかなか手にできないという方も多いですよね。このKICKと呼ばれる基盤を載せればテクニカルMOD同様にワット調整が出来てしまうんです!

バッテリーに載せるように使用します

出典: fc2.com

18650サイズのMODの場合は18500バッテリーにKICKを載せる形で使用します。18500サイズのMODの場合は18350バッテリーにKICKを載せることになります。安定的な電力調整をする代わりにバッテリーサイズは小さいものを要求されますので、電池持ちは少し犠牲になってしまうのが欠点です。バッテリーに載せる時は必ずプラス端子の上にKICKの基盤が上にくるようにして載せましょう。搭載する方向を間違えて通電してしまうと壊れてしまうので気をつける必要があります。

プラスドライバーでワット調整

出典: fc2.com

基盤上の青いメーターをプラスドライバーで回してワット数を調整します。メモリに合わせることで5W~15Wの範囲で調整が可能です。
KICK本体を覆っている透明なフィルムは本体を絶縁するためのものですので絶対に剥がさないように気をつけましょう。

見えないところで電子制御している感じ、ステキですよね

出典: fc2.com

今では簡単にテクニカルMODが手に入るようになったのでメカニカルを使用する人も減ってきましたが、やはりVAPEを深く知っていくと触ってみたくなる不思議な魅力がメカニカルにはあります。
扱いづらいと諦める前にKICKを載せてみてはいかがでしょうか?