妊娠中のVAPEって子どもへの影響はどうなの?電子タバコなら安全?

妊娠すると赤ちゃんの健康のために喫煙を止めなければならなくなりますよね。
そんな時にVAPEなら大丈夫なの?と気になる方も多いのではないでしょうか?


妊娠中でもVAPEなら大丈夫?

タバコと違ってVAPEなら健康被害はないハズ、だから妊娠中でも大丈夫…そう考えるのは少し早いかもしれません。
確かにVAPEのリキッドの主成分は健康に影響を及ぼすものではないと言われていますが、中にはエタノールなどのアルコール系の成分が含まれている場合があります。
VAPEの歴史は浅く、こういったごく少量の成分が妊婦にどのような影響を及ぼすかはまだ不明点が多い状況です。
確かにタバコと比較すると圧倒的に健康被害は少ないですが、少しでも赤ちゃんのことを考えるならVAPEも同様に控えるのが望ましいでしょう。
また、海外で販売されているリキッドはニコチンが含まれていることもあります。
こうしたリキッドは言うまでもなく妊娠中の体に悪影響を及ぼしますので注意しましょう。

妊娠中はVAPEも我慢することが大事

出典: pinimg.com

どうしても喫煙がやめられないという妊婦さんもいるかもしれません。
そんな時は禁煙外来を受診するなど、何かしらの行動をとってみましょう。
禁煙補助のための道具とも言われるVAPEですが、まだ妊婦への影響ははっきりと無いとは言いきれません。
せっかくの大切な命ですから、後悔してしまうことがないように強い意志を持つことが大事です。

加熱式の電子タバコは要注意!

VAPEはリキッドの成分で妊婦への影響が不透明な部分があるということでしたが、最近よく見かける加熱式タバコの成分は完全にタバコです。
VAPEと電子タバコは同じものと扱われてしまうことがありますが、そもそもの構造やタバコ葉の有無などは全く異なりますので覚えておくと良いでしょう。

妊娠前にヘビースモーカーだった方は突然の禁煙に苦しむことも多いかもしれません。
VAPEは確かに禁煙補助の道具として重宝されていますが、まだまだ登場して間もない新しい製品です。
強い忍耐の意志が必要となる子育てにおいて、禁煙は最初の関門なのかもしれませんね。