思わぬアクシデントを回避せよ!VAPEを飛行機に持ち込む時には要注意

VAPEを持ち運ぶ時はポケットに入れたりケースに入れたり、人によって様々です。
歩いていたり電車や車に乗ったりしている時は大丈夫ですが、飛行機だけは気をつけてください。
思わぬアクシデントにならないために対策方法をご紹介。


そもそも機内持ち込みできるの?

出典: ana.co.jp

VAPEは基本的には飛行機の機内に持ち込みしても大丈夫です。
ただし、リビルダブル用品の各種工具は凶器として扱われることもあるため預け入れ荷物に入れた方が無難でしょう。

リキッドは100ml以下のボトルで!

当然ですが、VAPEのリキッドも機内持ち込み制限のある液体類に該当します。
漏れ防止のためにZiplocなどのプラスチックケースに入れて持ち運びましょう。
また、海外で購入したリキッドの場合はニコチンが添加されている場合もあります。
こういった製品は国内の薬事法の規定などに基づき、規定量を上回る量の持ち込みが認められず、税関で没収される可能性もありますので注意してください。

ボトムフィーダーは要注意!

MOD内部にリキッドボトルが収納されているボトムフィーダー

出典: tumblr.com

飛行機に乗ると上空で気圧の変化が起こります。
スナック菓子など真空状態のものがパンパンに膨れ上がるように、VAPEのリキッドも気をつけないと漏れてしまいます。
タンク式のアトマイザーでも注意が必要でじわじわと漏れてくることもありますが、一番注意すべきはリキッドボトルがMOD本体内部に収納されているボトムフィーダーと呼ばれるタイプです。
この内部のボトルは気圧の変化でリキッドを溢れさせてしまい、本体内部や外部をとんでもなくベタベタにしてしまいます。
最悪の場合、本体が故障してしまうなどの影響もありますので、必ず注意するようにしましょう。

なにも知らずに飛行機に乗ってポケットやバッグにしまっていたら、どこからか漂ってくる甘い香りに嫌な予感がしてきます。
リキッドを漏らして旅先でベタベタになりながら、甘い香りが取れない!リキッドがなくなってしまった!なんてことのないようにしっかりと対策してから飛行機に乗りたいですね。