国内で大絶賛の嵐!柔らかくも複雑なリキッドブランドRIPE VAPES

今国内で流行っているリキッドといえばアメリカのリキッドアワードでも受賞しているRIPE VAPES。
メーカーやフレーバーについてご紹介。


RIPE VAPES

出典: shopify.com

RIPE VAPESのRIPEは十分に熟したという意味です。RIPE VAPESはその名の通り、十分に熟してまさに今がミストの吸い時というベストな状態で出荷されています。

カリフォルニア州にある若いリキッドメーカーです

RIPE VAPESはまだ若いリキッドメーカーにも関わらず、アメリカの大手VAPEメディアのSpinfuelから受賞するなど、その実力は世界の舞台で注目されています。

全6種類+1種類のフレーバー

出典: vapenews.ru

フレーバーは全6種類が基本ラインナップとして販売されています。
中でも一番人気がバニラカスタードタバコのVCT。
これは世界中のバイヤーから一番人気を集めており、国内でも大人気のフレーバーです。
国内では主に3種類のフレーバーが特に人気で、バニラカスタード&タバコのVCTを筆頭に、キーライム&クッキーのKEY LIME COOKIE、ココナッツ&レモングラスのCOCONUT THAIはどのショップでも評価が高いリキッドです。

VG/PG比率はVG70%/PG30%とVG比率が高めの作りとなっており、濃厚なミスト感が味わえます。
COCONUT THAIのみ100%VGとなっており、少し違う吸い心地なのも特徴です。

VCT Private Reserve

出典: at-vape.com

一番人気のVCTをオーク樽で熟成させて出荷されるのがVCT Private Reserveです。
まるでFive Pawnsのプレミアムリキッドのような製造方法で作られています。
特殊な製造方法のためあまり流通しておらず、まさにプレミアムなリキッドです。

全国のショップが太鼓判を押すRIPE VAPES。
いつものシンプルな味わいのリキッドに飽きてしまった時、複雑な味わいのRIPE VAPESが新しい世界を開いてくれるかもしれませんよ?