オームメーターは必要ない?実はいつものアレで代用OKなんです

リビルダブルを始めた人がまず一式揃える時に必要と言われるオームメーター。
コイルを巻く時の抵抗値を測るために必要になりますね。
でも実はわざわざ用意しなくても抵抗値を簡単に測る方法があるんです。


オームメーターとは

出典: alibaba.com

コイルを自分で巻いて使うリビルダブルの際に必要となるオームメーター。
巻いたコイルの抵抗値を測って、しっかりコイルが巻けているかを確認したり、味わいや煙の調整のために狙った抵抗値になっているかを確認するために使います。
リビルダブルをする際にはコイルの抵抗値がどれくらいの数値になっているか確認しなければならないため、どうしても必要になってくるアイテムなんです。

実はテクニカルMODで代用可能!

液晶画面付きのテクニカルMODと呼ばれる電子制御が入っている本体であれば、アトマイザー装着時にΩ(オーム)が表示されます。
つまり、テクニカルMODをなにかひとつ持っていればその上に載せるだけでオームメーターの代用になるのです。

ただし、一点注意があります。
テクニカルMODにアトマイザーを装着している時にファイアスイッチを押してしまうとコイルが熱されて火傷などの事故に繋がります。
オームメーターの代用として使用する際にはコイルに電気がいかないようテクニカルMOD側でロックをかけた状態で使用しましょう。

ビルドしたらそのままコイルを整えよう

コイルを成形した後にガスバーナーで熱する方法で安定させるVAPERもいますが、MODに装着した状態でドライバーンすれば同じような効果が得られます。
テクニカルMODに装着してビルドし、オームを測定したらそのままドライバーンしながらセラミックピンセットでコイルを整えるという流れで簡単にビルドができます。

テクニカルMODが主流になっているVAPE業界では初心者向けスターターキットもしっかり電子制御が搭載されていることが多いです。
液晶付きの本体を使用しているVAPERは簡単に代用できるので試してみてくださいね。