ドリッパーの味をタンクのように味わい続ける。ボトムフィーダーとは?

まずはタンク式のアトマイザーから入門することが多いVAPE。
その後は自分でコイルを巻くリビルダブルでドリッパーと呼ばれる味が濃く出るアトマイザーにハマっていくものです。
しかし毎回リキッドを垂らさなければならないのがドリッパーの面倒なところ。
そんな面倒を解決してくれるのがボトムフィーダーなんです。


ボトムフィーダーとは

ボトムフィーダーとは、リキッドをアトマイザー下部から供給する構造の総称です。
英語表記ではBottom Feederのため、BFと略されることが多いです。
多くはBOX型のMOD内部にリキッドボトルが収められるスペースがあり、フタとなるパネルに穴を開けることで、本体外側から内部にあるリキッドボトルを押して、アトマイザーにリキッドを供給ができる仕組みです。
そんなボトムフィーダーの一番の魅力は、リキッドボトルを別に持ち運ぶ必要がなく、ドリッパーの味わいをダラダラ続けられるという点です。
タンク式のアトマイザーの場合、どうしても味が薄くなってしまいがちですが、ボトムフィーダーなら味の濃いドリッパーに面倒なリキッドチャージをすることなく持ち運べるのです!

本体内部はこんな構造になっています

出典: tumblr.com

ボトムフィーダーはその仕様上、専用となるアトマイザーが必要になります。
ボトムフィーダーに対応しているアトマイザーは下部のコンタクト部分の中央に穴が空いています。
本体内部のリキッドボトルを押すとチューブを伝って上に押し出され、アトマイザーに空けれられた穴を通じてコットンにリキッドが供給されます。
仮にリキッドボトルを押しすぎて沢山リキッドを上に押し出してしまったとしても、溢れてしまったリキッドはスポイトの要領でリキッドボトルに戻ってくるためビショビショになる心配もありません!

BF MODはオシャレで美しいものが沢山!

出典: youtube.com

主にヨーロッパで人気のBF MODはその土地柄かデザイン性の高いオシャレなMODが沢山!
リキッドを本体内部に保管しておけるのでタンク式のアトマイザーとは異なりリキッドの鮮度を維持できるのものポイントが高いです。
いつまでもダラダラとドリッパーの味わいを楽しめるボトムフィーダーの世界に入ってみませんか?