【初心者向け】JoyetechよりUNIMAX 22が登場!今なら2000円で2200mAhの大容量バッテリーMOD!

初心者にとってまず手にするのがペン型のテクニカルではないだろうか。
テクニカルと言っても内臓バッテリーの一定ワット出力のものではあるが、安全性などを考慮した時、まず手にするべきはAIOかこういったMODである。

そんな初心者向けスターターにJoyetechが新作を投入!その興味深いスペックをお伝えしよう。


Joyetech UNIMAX 22スペック紹介!

出典: fasttech.com

2200mAhの大容量バッテリーを内臓
ダイレクトモードとコンスタントボルトモードを搭載!
→電源オフ時に電源ボタン長押しでモード切り替え・オレンジ(コンスタントボルトモード)とホワイト(ダイレクトモード)にランプが切り替わるので、お好きな方で。
510型のアトマイザーに対応Micro-USBポートで充電可能

キニナルポイント…モード切り替えで楽しくvapeライフ!?

出典: fasttech.com

このバッテリーMODのキニナルポイントは何にせよモード切り替えが搭載されていることだろう。
公式にはこれらのモードを①Direct Output modeと②Constant Voltage Output modeと呼んでいる。

ここからは推測になってしまうが、恐らく①はメカニカルMODのように、バッテリーの力をただ通電し、出力するモード。
コットンやコイルのビルドの仕方によっては爆煙となり、時にドライヒットを招いてしまう可能性もあるので、ちょっと初心者にはオススメしづらいモードかも。

逆に②は一定のボルト数で出力をしてくれるということで、いかなるコイルの抵抗値でも安定して同じ味が出せるということかと思われる。
本来ならワット数をいじって理想の味を求めるのだが、これだと安定して同じ味を楽しめるという利点あり。

コイルの巻数を少なくすれば、安定した爆煙も楽しめそう&ドライヒットも少なそうなモードなので、初心者にオススメはこっちかもしれない。

フル充電で1日爆煙!上級者でもサブ機に欲しいかもしれない期待のバッテリーMODだ!

バッテリーMODとなるといつも不満に思うのが少ない電池容量だが、これは18650バッテリーでも入っているのか?と言うような大容量バッテリー。
会社に持っていこうものなら、恐らく問題なく1日のVapingを約束してくれることだろう。

敢えて欠点を挙げるとすれば、やはり内臓バッテリーの宿命として一旦バッテリーが死んだら即座に新しい物を買わないといけないところ。
個人的にはバッテリーさえ変えればまた使えるようになる交換式のMODに軍配が上がるが、やはりサブ機としてはちょっと欲しいかも…。

今ならたったの2000円強で購入できる。
気になったら買え!それがVAPEを極める最短の道だ!!